前へ
次へ

ウェディングドレスの白色には3種類がある

ウェディングドレスといえば定番は白ですが、白と言ってもいくつかの種類があります。
純白のウェディングドレスの色はホワイトであり、ほんの少しだけ肌色を含むような、落ち着きのある白もあり、これがオフホワイトです。
オフホワイトは若干黄色みがかっているため、黄色人種の日本人の肌にとても馴染みます。
普段のファッションでも本当に純白の白より、オフホワイトのほうがワンピースやトップスを選ぶにしても、鏡を見てしっくりくるという経験を持つ女性も少なくはありません。
それは日本人の肌の色にあっているからであり、純白も美しいですが、オフホワイトのカラーは日本女子にとって不動の人気です。
もっと黄色みが強い白もありますが、これはオフホワイトの範囲を超えています。
黄色い色の強さが際立つ白は、アイボリーです。
おおよそ白いドレス選びの際にも、この3つの白色からの選択となります。
黄色人種ではありますが、個人個人の肌の色の明るさにもまた違いがあるので、肌と照らし合わせて選ぶことです。

Page Top