前へ
次へ

花嫁の象徴ウェディングドレスと婚礼の出費

花嫁が楽しみにしている結婚式のウェディングドレスは、たった1回だけのことだから、ドレスショップでたくさんの中から選び、レンタルをするのが当たり前と考えるかもしれません。
何かと出費がかさむ結婚式ですが花嫁の婚礼衣装代金は平均して50万前後はかかります。
これは純白ドレスだけではなく、お色直しの際に花嫁がまた違った美しさを見せてくれる、カラードレスの衣装も含んでの目安金額です。
ちなみにまさに式の主人公の横で、花を添えるようにもう一人の主人公である新郎の費用目安は、16万円前後と花嫁の衣装代よりもちょっぴり下がります。
とはいえカップルの婚礼衣装は、合わせて考えれば60万円から70万円台です。
様々な費用の掛かる結婚式費用の中でも、ウェディングドレスを含む婚礼衣装は、出費面で大きな割合を占めていることになります。
ウェディングドレスは第二の人生として幸せを掴む、結婚式の花嫁のためにあるもので、女子の憧れではあるものの、あまり高くなってしまっては妥協をするしかありません。
でもレンタルだけではなく、実はセミオーダーなども割と予算内で抑えることができます。

Page Top